「ソーシャル・アクティビスト」は、社会課題の解決に向けて頑張るアクティビストをサポートするためのポータルサイトです。あなたも一緒に社会をアップデートする人や活動を盛り上げて行きませんか?

◆環境活動家のグレタ・トゥーンベリ氏(16歳/スウェーデン)
◆銃規制活動家のデービッド・ホッグ氏とエマ・ゴンザレス氏(19歳/アメリカ)
◆民主活動家の黄之鋒氏と周庭氏(22歳/香港)

 世界には社会をアップデートしようとする名立たるアクティビストたちが多数活躍しています。

 ですが、ここ日本では残念ながら、ほとんど存在しないのが現実です。それはつまり、私たちが日ごろ感じている社会の理不尽さや生きづらさを代弁する人がいないということ。これではいつになっても私たちの生きづらさは解消しません。

 でもなぜ、日本にアクティビストが不在なのか、その最大要因はサポートが少ないからだと思います。アクティビストのような”出る杭”は打たれやすく、サポートも得られない日本では、活動に注力することができないのです。

 それを打開するべく、立ち上げたのがこの「ソーシャル・アクティビスト」です。先頭に立って旗を振るアクティビストを皆でサポートし、育て、盛り上げることを目的としています。

 サポーターとして、私たちと一緒にアクティビストを盛り上げる文化を日本にも作りませんか? 出る杭を「打つ」から「推す」社会に変える。そうして生きやすさを手に入れる。すべてはあなたの参画にかかっています。


◆Social Activistのロゴ◆

 「社会をアップデートする人の応援をしよう!”推し”になろう!」というコンセプトを表現するために、「(投資家に)大きな利益をもたらす」という意味でベンチャー投資界隈で使われるユニコーンを採用しました。 「社会全体に大きな利益をもたらす存在」を皆で育てて行こうという想いがこめられています。

 また、カラーをオレンジにしたのは、アイドルのコンサート等で自分の好きな曲の際に「UO」という発光の強いものを使用する文化があることから、「アクティビストを応援する」というコンセプトにも合致すると思い、採用しました。なお、ロゴは「Praise the brave」のMayumi Fabrikさんの作です。

※プロボノを募集しています

※登録して下さるアクティビストも募集中です